生命のふるさと、生命を育む「海」について学ぶホームページ


次のページへ

海水のミネラルを全身で体感

バスソルト使用イメージイラスト

ミネラルバランスを整え身体を改善する

現代の医学は、病んだところ(患部)に対して、直接対処を行うという考え方が主流です。それに対して、タラソテラピーは、病気はミネラルバランスが崩れた結果が局所的に現れるものと考え、病んだところではなく、ミネラルバランスを整え全体を改善しようとするものです。そういった意味では、タラソテラピーには改善以外にも、予防といった考え方も含まれています。私たちの健康にとって、どちらが良い悪いというのではなく、それぞれの考え方をしっかり理解し、お互いをうまく取り入れようとする姿勢が大切です。


海中イメージ写真

海水入浴は身体の健康・美容に様々な効果をもたらす

海水には、イオン化された微量ミネラルが数多く存在しています。タラソテラピーの海水入浴では、このイオン化された微量ミネラルが皮膚から入り、血管などを通じて、体内の約60兆個の細胞に送り込まれます。そして、細胞に取り込まれた微量ミネラルは、生体内の有機物と結合し、身体の各部位で生命維持の大切な役割を果たします。そのため、新陳代謝の活性化、脂肪燃焼、疲れの解消、痛みの緩和、肌の保湿効果など、健康や美容の面でさまざまな効果が期待できます。